外資系企業、中國での事業展開を急ぐ

中國網日本語版  |  2022-06-19

外資系企業、中國での事業展開を急ぐ。

タグ:ユニクロ エスティ?ローダー メルク

発信時間:2022-06-19 09:50:00 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

 外資系企業が中國事業展開の「早送りボタン」を押した。

 

 ユニクロが3日、浙江省、湖北省、安徽省、黒竜江省などの10カ所で、一挙に12店をオープンさせた。

 

 ファーストリテイリンググループ執行役員、大中華區最高マーケティング責任者の呉品慧氏によると、ユニクロの営業再開初週の上海での売上は前年同期の1.75倍で、長江デルタの売上アップをけん引した?!府斏绀现袊袌訾似诖筏皮?、毎年80?100店オープンさせる計畫に変更はない」

 

 獨Marquardtはスイッチ及び電子制御システムの目立たぬ世界チャンピオンで、2018年にその1期プロジェクトを威海臨港區に進出させていた。このほど、2期プロジェクトと威海の契約が結ばれた。投資総額は4000萬ユーロで、威海に工場を新設する。その製品には自動車ソリューションやスマートシステムなどが含まれる。2期プロジェクトの生産能力は1期の2倍で、2023年のフル稼働後の売上は10億元にのぼる見込みだ。

 

 規模の拡張だけでなく、研究開発センターなどの中心事業を中國に置こうとする外資系企業も多い。エスティ?ローダー中國區総裁兼CEOの樊嘉煜氏によると、同社の新しい中國物流センターが間もなく著工となる??⒐め幛膝ⅴ弗⑻窖螭亲瞍庀髲盏膜饰锪?倉庫保管センターになる。同時に投資総額が數億の、世界クラスの研究開発センターが年內に上海で竣工し、稼働開始となる。

 

 テック企業のメルクはこのほど、張家港で先進半導體一體化拠點を建設すると発表した。これには半導體材料生産拠點、倉庫?運営センターが含まれ、同社の現地化能力をさらに高める。同社の「Level Up」中國投資倍増計畫によると、2025年までに中國における電子テクノロジー業務への投資を10億元(約1億3000萬ユーロ)以上増やすことになる。この新規投資は半導體製造に集中する。


 「中國網日本語版(チャイナネット)」2022年6月19日

Twitter Facebook を加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中國網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集     中國人編集者募集
「中國網日本語版(チャイナネット)」の記事の無斷転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

欧美性生活