中國基準が海外で採用、「一帯一路」のシンボル工事に

中國網日本語版  |  2022-07-17

中國基準が海外で採用、「一帯一路」のシンボル工事に。今年に入って中國基準で建設されるインフラプロジェクトが海外で加速…

タグ:一帯一路

発信時間:2022-07-17 13:44:02 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

 高い基準、持続可能性、民生への恩恵という目標に基づき、今年に入って中國基準で建設されるインフラプロジェクトが海外で加速し、ハイクオリティな「一帯一路」共同建設のシンボル工事が進んでいる。


 東南アジアで初めて設計時速が350kmに達する高速鉄道の雅萬(ジャカルタ?バンドン)高速鉄道は今月初めからレール敷設を始めており、全線の総重量3萬8000トン上るレールは中國基準で生産された。中國とインドネシアの「一帯一路」構想のシンボルプロジェクトとなる雅萬高速鉄道は、中國の高速鉄道に関する全てのシステム、要素、産業チェーンが海外で導入される事例だ。


 中國の鉄道1級基準に基づき設計?建造され、両國が共同で運営する中國?ラオス鉄道は開通の7カ月後にビエンチャン南駅の改築が完了、貨物路線がタイにつながり、アジア橫斷鉄道網の中間ルートを切り開いた。


 インフラは硬くつながり、制度と規則は緩くつながっている。中國を中心にフランス、ドイツ、日本など10カ國以上の専門家が4年をかけて編集した「高速鉄道設計?インフラ」基準がこのほど、國際鉄道連合から発表?実施され、高速鉄道インフラ設計の分野で初の國際規格となった。


 今年に入って「中國基準の海外進出」が加速し、電力工學、交通運輸、通信建設、石油化學工業など多くの分野で優れた成果をあげている。プロジェクト実施國のインフラ建設の基準體系を改善するだけでなく、現地の経済発展と住民の生活に目に見える変化をもたらした。


 最新の統計によると、中國基準は「一帯一路」沿線國で建設中の重點インフラプロジェクトのうち3分の1以上で採用され、ハイクオリティな「一帯一路」共同建設を技術的に支えている。


 「中國網日本語版(チャイナネット)」2022年7月17日

Twitter Facebook を加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中國網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集     中國人編集者募集
「中國網日本語版(チャイナネット)」の記事の無斷転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

欧美性生活