外交部「日本に原発汚染水海洋放出計畫の停止を改めて促す」

「人民網日本語版」  |  2022-07-15

外交部「日本に原発汚染水海洋放出計畫の停止を改めて促す」。この問題が世界の海洋環境と関係國の公衆の健康に関わるものであり、日本だけの問題ではないことを改めてはっきりと示すものだ…

タグ:福島原発 汚染水 海洋放出

発信時間:2022-07-15 15:46:24 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

外交部「日本に原発汚染水海洋放出計畫の停止を改めて促す」--人民網日本語版--人民日報

外交部「日本に原発汚染水海洋放出計畫の停止を改めて促す」


太平洋諸島フォーラム(PIF)外相會合が日本の福島原発汚染水の処分問題に重大な懸念を表明したことについて、外交部(外務?。─瓮粑谋髨蟮拦伽?4日の定例記者會見で、「この問題が世界の海洋環境と関係國の公衆の健康に関わるものであり、日本だけの問題ではないことを改めてはっきりと示すものだ。中國は日本側に対して、原発汚染水海洋放出計畫の強行を停止するよう改めて促す」とした。


【記者】PIF外相會合は発表した文書の中で、日本による原発汚染水の海洋放出に言及した。外相らは、日本による原発汚染水の海洋放出が世代を超えた影響をもたらしかねず、これに太平洋島嶼國の人々が重大な懸念を抱いていることを重ねて表明した。また、「日本側の提供したデータと情報は安全性のさらなる評価のためには不十分」というPIF獨立専門家パネルの科學的助言を審議した。この事について、中國側としてコメントは。


【汪報道官】中國側は太平洋島嶼國外相らの姿勢表明に留意し、これを我が事のように感じている。これは、日本の福島原発汚染水の処分問題に対する國際社會の重大な懸念を反映しており、この問題が世界の海洋環境と関係國の公衆の健康に関わるものであり、日本だけの問題ではないことを改めてはっきりと示すものだ。


遺憾なことに、日本政府は1年以上にわたり、原発汚染水に関するデータの信頼性、浄化裝置の有効性、環境への影響の不確実性など重要な問題について、科學的で信用できる説明を行わぬままであり、それどころか、海洋放出計畫の審査?承認プロセスの推進を強行し、海洋放出のための工事まで始めた。各方面の懸念を顧みず、既成事実化を企てるこのようなやり方は、極めて無責任だ。


中國は日本側に対して、各方面の正當で合理的な懸念を重視し、原発汚染水海洋放出計畫の強行を停止し、周辺諸國や太平洋島嶼國を含むステークホルダー及び関連國際機関と十分に協議して、原発汚染水の適切な処分方法を探るよう改めて促す。(編集NA)


「人民網日本語版」2022年7月15日

Twitter Facebook を加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中國網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集     中國人編集者募集
「中國網日本語版(チャイナネット)」の記事の無斷転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

欧美性生活