社會>
www.110396.com |01. 06. 2022

チュニジアの少女 目標は中國で航空學を學ぶこと

タグ: 國際こどもの日
中國網日本語版  |  2022-06-01

  

2021年9月、北京郊外で登山をするラネムさん

  

   6月1日の國際こどもの日を前に、中國網の記者は中國で生まれ育ったチュニジアの少女ラネム?チャバハさんを取材した。

 

 ラネムさんは今年10歳で、2012年に北京で生まれた。中國の舊暦の龍年だったため、両親は彼女に中國語名「小龍女」をつけた。ラネムさんは母親から「龍」は中國の神話でパワーと高貴を象徴すると聞き、この名前を気に入っている。

 

 ラネムさんは北京に興味があり、各有名スポットを周り、後海、長城、天壇、頤和園、故宮の常連客で、北京周辺の自然も大好きだという。しかし、彼女は古北水鎮をもっと気に入っている。そこは中國の古代文化と現代の観光サービスがうまく合わさっているためである。

 

 中國で生まれ育ったためか、ラネムさんが最初に話した言葉は中國語だった。彼女は、「中國語は外國人が思っているほど難しくない。発音しやすく簡単で、1つの音で物事を表すことができる場合もある」と話した。彼女は今も中國語の勉強に勵んでおり、中國の友人との交流に役立っている。中國語の難しさは書くところにあるが、勉強と先生の指導により、彼女は書き方のコツを理解できるようになった?!钢袊Zで持っっとも面白いのは象形文字で、人という字は人の骨格のよう、口という字は開いた口のようで、そのように考えると覚えやすい」と彼女は話した。

 

 ラネムさんは外國人だが、中國伝統の祝日について多くを語った。彼女は春節が一番好きで、これは重要な祝日で、彼女は外國人の家に生まれたが、中國で過ごす春節が好きだという。彼女の家族は中國人と同じように春節を祝い、家族で大晦日に食事をし、新年の挨拶をし、『春節聯歓晩會』を見て爆竹をあげる。また、姉妹は新しい服に袖を通し、両親からお年玉をもらう。春節だけでなく、彼女は端午節と元宵節も好きで、中國の祝日ごとに獨特な食べ物があり、これらの中國の食べ物が好きだという。餃子、麺、チマキ、元宵などにはそれぞれの特徴があり、とてもおいしい。

 

 

 

 ラネムさんは中國で子供時代を過ごし、多くの楽しい思い出があることを幸運に感じている。彼女は絵を描くことが好きで、3歳の時に描いた絵は微博で多くの中國のネットユーザーから「いいね!」をもらい、さらに自信がついた。

 

 

 

 「中國での生活が大好き」と話す彼女は取材の最後に、「享受と抱負」という2つの言葉で中國での生活を喩えた?!赶硎堋工现袊谓~景と古跡を楽しみ、中國のハイテクを體験し、生活の快適さ感じているため?!副ж摗工厦銖姢橇激こ煽儰騾Г?、中國で航空學を學ぶという理想を実現させることである。彼女は、「中國で學業を続け、中國の航空分野で有名な大學に合格し、そこで航空學を學びたい。中國のロケット打ち上げの成功や中國の宇宙飛行士の動畫を見たり、中國の宇宙分野での成果を知るたびに、この思いは強くなる」とあこがれる表情で話した。


「中國網日本語版(チャイナネット)」2022年6月1日

 

1  2  3  4  >  


 

欧美性生活