社會>
www.110396.com |01. 06. 2022

キューバ少女「中國の多くのことを世界に伝えたい」

タグ: キューバ少女 中國
中國網日本語版  |  2022-06-01

 


2016年、幼稚園を卒園したソフィさん


   4歳の時に北京に來て中國の子供と一緒に幼稚園と小學校で勉強し、中國の學校生活を経験した。8年間で、「外國の子ども」は小學校卒業クラスの一員になり、まもなく中學生になる。彼女はソフィ(Sophie Seijo Mesa)さん、北京で育ったキューバ出身の女の子である。


情熱と友情とともに成長

 

 中國に來た頃は慣れないことばかりだった。しかし、ソフィさんは周りの人の優しさとサポートを感じた。

 

 最初にぶつかった困難は中國語の勉強だった?!缸畛?、中國語は難しく、特に漢字を書くことが難しいと感じた。その他の學科の勉強も中國語を理解していることが基本だった。當時、先生と同級生は配慮、サポートしてくれ、集団活動で重要な役割を擔うチャンスをくれ、自分にもできると思えるようになった」と話すソフィさんは、努力を通して言葉の壁を突破した?,F在、中國語は彼女の強みになり、同級生や友人と困難なく交流し、勉強も思い通りに進められるようになった。

 

 娘の勉強面の成長について、ソフィさんの父親は「困難な時期はあったが、娘はすぐに慣れた。中國の公立學校の基礎教育は非常にしっかりしており、內容も多様化している。保護者として、娘を北京の公立中學校に行かせたいと思っている。彼女の將來に無限の可能性をもたらすだろう」と誇らしげに話した。

 

中國のグルメと絶景を堪能

 

 中國の食べ物について、ソフィさんは火鍋やバーベキューなどの味の濃いものなど何でも好きだと話した。そのほか、各種の軽食や家庭料理も好きだという。通學途中に朝食に熱々の煎餅(中國クレープ)を買うことは彼女の楽しみの1つで、「これを食べると満足し、いい気分で學校に行ける」と話した。

 

 教育部は小中學生に家事と調理技術の習得を提唱し、彼女はこれに喜んだ。トマト卵炒めは彼女が一番好きな家庭料理で、「簡単な食材でこれほどおいしいものを作ることができる。食べる人から作る人になり、自分なりのトマト卵炒めを作れるようになりたい。餃子や麺類なども作りたい」と笑顔で話した。

 

 中國で何年も生活している彼女は、北は「氷の町」哈爾浜、南は「東方の珠」香港地區まで、両親と中國各地を周った。中でも上海が印象深く、外灘から黃浦江の対岸を眺め、綺麗で賑やかな大都市だと感じた。またディズニーランドに行った時は、少女心を満たされた。彼女は、上海は中國らしい部分とグローバルな部分があると感じている。しかし、北京は自分が育った場所で第2の故郷であるため、ほかに代わりが効かないと思っている。時間がある時、ソフィさんは両親、友人、同級生と博物館や文化スポット、公園に行き、郊外で自然を満喫することが大好きである。彼女は古北水鎮の大ファンだといい、「何度も行きたい場所。全體の中國式建築と周辺の自然風景が一體となり、場所によって景色が変わり、誰もが魅了されると思う」と話した。

 

中國文化を伝える使者になりたい

 

 ソフィさんは、「雙減」政策(義務教育段階の學生の宿題と學外教育の負擔軽減)の実施以降、宿題の負擔が減り、睡眠時間が増え、學校生活をより満喫できるようになったという。美術の授業では「創作型の選手」として水を得た魚のような感覚を味わい、放課後の英語と手工蕓サークルでもよく楽しい行事がある。

 

 1人でいるとき、ソフィさんは読書をして自分を高めている。昨年、彼女は全國青少年読書風采展示活動「読書の星」に招待され參加し、同年代の人たちと読書の楽しみをシェアした。ソフィさんは、父親が望むように中國文化を世界に伝える使者になり、中國の多くのことを世界に紹介したいと思っている。

 

 6月1日の國際こどもの日を前に、ソフィさんは「最も望むことは世界の新型コロナウイルスが早く終息すること。両親とキューバに戻って旅行したり、親戚と集まったりし、ここ數年の中國での楽しい経験を話したい」と語った。


「中國網日本語版(チャイナネット)」2022年6月1日

 

1  2  3  4  5  >  


 

欧美性生活