社會>
www.110396.com |01. 06. 2022

中國?スリランカのハーフ小學生 カレーも宮保鶏丁も大好き

タグ: スリランカ 小學生
中國網日本語版  |  2022-06-01

 

 

2022年4月にスリランカ駐中國大使館のスリランカ新年行事に參加した陶冶さん(手前)と家族

 

 

   幼い彼は英語と中國語を流暢に話し、カレーも宮保鶏丁も好きである。6月1日の國際こどもの日を前に、まもなく小學生になる中國とスリランカのハーフ?陶冶(Yevin Lokuhitige)さんは中國網の記者に自身が思う中國について語った。

 

 陶冶さんは今年6歳で、母親は中國人、父親はスリランカ人である。しかし、彼は北京で生まれ育ち、中國語を流暢に話す。普段、彼は母親、弟、幼稚園の園児たちと中國語で交流し、中國語のピン音も習得している。父親といる時だけは英語を話す。

 

 中國生活において、陶冶さんはさまざまな伝統の祝日に深い印象を受けた。しかし彼が一番好きなのは春節で、「年越しの時に大人たちからお年玉をもらい、おもちゃをたくさん買うことができる」と興奮ながらに話した。食べ物に関しては、父親と同じ「スリランカの舌」を持っており、カレー味の料理が好きだが、一番好きな料理は中國の宮保鶏丁と湯円だという。一番思い出に殘っていることは、家族と北京の川辺で食べた串焼きだと話した。陶冶さんは、「大きくなったら料理人になり、みんなに料理を振る舞いたい。友達に自分が作ったスリランカ中國料理を食べてもらいたい」と話した。 

 

 陶冶さんの父親?海藍(Kavisha Lokuhitige)さんは2009年に中國に留學し、その後に中國でビジネスをしている。彼は、「北京でのコミュニティ生活はとても快適で、教育環境も優れているため、中國で引き続き教育を受けさせたいと思っている。最も重要なのは中國はとても安全だということ。ここで安心して生活、ビジネスができる」と話した。

 

 今年9月、陶冶さんは小學生になる。そのため、海藍さんは中國の基礎教育について學んだ。彼によると、スリランカの小學校は午前にだけ授業があり、放課後は遊び、補習を受ける子供は非常に少ない。一方、中國の學校と教員は子供の學習をより重視する。しかし、彼が知るところによると、近年、中國の保護者も子供の興味をますます重視するようになっている。彼は、中國の學校に通う息子は全面的に成長するだけでなく、楽しい子供時代を送ることができると信じている。


「中國網日本語版(チャイナネット)」2022年6月1日

 

 

 

欧美性生活