政治?安全>
www.110396.com |19. 06. 2022

習近平氏、反腐敗闘爭の全面的勝利を強調 中央政治局集団學習

タグ: 反腐敗闘爭
新華網  |  2022-06-19

   【新華社北京6月19日】中國共産黨中央政治局は17日、「不敢腐、不能腐、不想腐(結果を恐れて腐敗に手を染めず、腐敗したくてもできず、腐敗しようと思わない)」の一體的推進について集団學習を行った。學習を主宰した習近平(しゅう?きんぺい)中國共産黨中央委員會総書記は、反腐敗闘爭は民心という最大の政治に関係しており、負けられない、負けることが絶対に許されない重大な政治闘爭だと強調。新たな情勢下での黨風廉政建設(清廉な政治を行う黨風の樹立)と反腐敗闘爭に対する認識を深め、「不敢腐、不能腐、不想腐」を一體的に推進する能力と水準を高め、反腐敗闘爭の難関攻略戦と持久戦に全面的に勝利しなければならないと述べた。


   中央紀律検査委員會?國家監察委員會案件監督管理室の劉美頻(りゅう?びひん)主任がこの問題について解説し、活動の取り組みについて提言した。


   習近平氏は學習を主宰した際に重要演説を行った。習近平氏は、勇敢に自己革命を進めることは黨の100年の奮闘で培われた鮮やかな品性だと指摘し、それぞれの歴史時期において、黨は厳しい黨管理と黨ガバナンスを堅持してきたと強調した。われわれは中國共産黨第18回全國代表大會(2012年11月開催)以降、反腐敗闘爭で顕著な成果を収め、重要な経験を蓄積したとも指摘し、腐敗は黨內の各種不良要素が長期にわたり蓄積され、発酵が続いたことを體現しており、反腐敗とは、黨の先進性を弱め、黨の純潔性を損なう各種病原體と闘爭を行うことだと強調した。このような闘爭は極めて複雑で、苦難に満ちており、少しの譲歩も妥協も許されないと述べ、必ずや問題を直視する勇気と、內にやいばを向ける確固たる意志を終始保ち、斷固として害毒のこぶを切除し、根源を取り除き、流された害毒を一掃し、黨が永遠に変質しないことにより赤い山河が永遠に変色しないことを確保しなければならないと語った。


 「新華網日本語版」より 2022年6月19日


欧美性生活