中國各地の観光地、入場料を無料に

中國網日本語版  |  2022-06-29

中國各地の観光地、入場料を無料に。

タグ:入場無料

発信時間:2022-06-29 14:21:26 | チャイナネット | 編集者にメールを送る


 夏休みになり、中國各地の観光地がこのほど、入場料無料もしくは割引などを発表している。


 世界的に有名な観光地である湖南省張家界市は6月以降、入場料優遇策を打ち出している。大峽谷風景名勝區は6?12月に入場料を無料とする。武陵源、天門山、黃龍洞、寶峰湖などの風景名勝區は在校生を対象に入場料を無料とする。


 無料による刺激効果がすでに現れている。感染癥により冷え込んでいた張家界の観光市場が徐々に活気を取り戻している。張家界市文旅広體局の責任者によると、夏休み中の無料化の影響を受け、6月以降の武陵源風景名勝區の観光客數が1日平均で延べ4000人以上になっている。


 張家界の他にも、福建アモイ鼓浪嶼、陝西華山、江西廬山、青海茶卡塩湖、山東青島嶗山などの有名観光地が無料化を開始している。他にも多くの観光地が學生、現地住民、醫療従事者の無料化もしくはその他の優遇措置を打ち出している。


 湖南途易國際旅行社有限公司の陳兆忠総経理は、「最近は常態化感染対策のもと、高効率の感染対策が優先される。長期的に見ると、入場料への依存の解消が大きな流れとなる。観光地も旅行會社も各時期の観光客の需要をつかみ、豊富な観光商品により観光客を集め、二次的な消費を生み出す。これは観光業に従事する者にとって永久の必修科目だ」と述べた。


「中國網日本語版(チャイナネット)」2022年6月29日



Twitter Facebook を加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中國網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集     中國人編集者募集
「中國網日本語版(チャイナネット)」の記事の無斷転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

欧美性生活